02 Dec通信制高校とまるで旅行のような授業

通信制高校の中には合宿形式のスクーリングを取る所があるといいます。合宿形式のスクーリングは短期間で尚且つ連続した日程でスクーリングを行なう事により年間に必要な面接時間をまとめて消化する事を目的としています。ただ噂によると本当に学校の授業なの?と思うようなスクーリングが一部の通信制高校では行なわれているとの事です。


【通信制高校とスクーリング開催地一例】

通信制高校の合宿型スクーリングは基本的に本校の周辺で行なわれる事が多いようですがその場所は学校によって本当に様々です。例えばスクーリングで沖縄に行く学校もあれば、屋久島や北海道をスクーリング地としている所もあるようです。大自然豊かな北の大地やリゾート地のような南の島々での合宿、まるで全日制の修学旅行のようですね。


【グループによるオリエンテーションが主体】

ただ何も観光目的で来ているわけではないので、どうしても多少は課題的な要素をこなす必要が出てきます。ただこれらの合宿型スクーリングではグループワークやオリエンテーションといった、共同作業や会話をメインに行なう学校が多いようです。例えば大自然の中をウォーキングしたり、みなで協力して机を作ったり、また蕎麦を打つ学校や酪農に挑戦する学校もあるようです。

Comments are closed.