10 Mar通信制高校で不利になることってないの?

通信制高校は自分のペースで勉強をすすめられる、あまり学校に通うことのできない人でも登校日が少ないので高校を卒業することができます。単位制という制度を使っているので、留年するという概念がなく、3年間で74単位を修得することとなります。


【通信制高校で進学をするデメリットはある?】

今まで通信制高校では進学が難しいというイメージを持つ人もいたそうです。しかし、通信制高校でも全日制高校でも、取得できる高校卒業という資格に違いはありません。そのためセンター試験などで不利になるということはありません。ただし、通信制高校は自分で授業を選ぶ選択科目という科目があることから、全日制高校で決められたカリキュラムを学び卒業した生徒と比べると、知識にムラが出てしまうということがあるそうです。


【直接、成績に大きな影響はない】

大学進学、専門学校進学などでは、通信制高校卒業は珍しいものではありません。難関大学でも通信制の高校を出たという生徒はいます。成績面でも大きな違いなどもありませんし、試験で不利になることはないのですが、全日制高校ではカリキュラムを年間通して計画し、なるべく多くの科目を学習するという教育を行う高校もあります。そのため、知識の面で少しだけムラのある学習能力になってしまうという可能性はあるようです。

Comments are closed.