02 Dec通信制高校から進学校へ

通信制高校はしばしば入試や就職で不利になるのではないかという声が聞かれます。ただ聞かれはしますが通信制高校で取る事のできる高校卒業資格は全日制や定時制を卒業した時に得られる卒業資格と全く同じものであり、基本的には通信制の卒業生である事を理由に一般の学生と区別する事は許されていません。その為実際にそこにあるのはただ純粋に学校生活で何を学び身に付けたかの差、それに限ると思います。


【通信制高校は入試で不利か?】

では全日制高校と違って拘束時間が少なく自主学習次第の所がある通信制高校は学力的に入試で不利なのか、というと全くそういうわけではありません。卒業に必要とされる単位をきちんと取得できればしっかり全日制相当の学力は身に着きます。また全日制と違い時間の拘束が殆どない為、塾に通いやすくまた入試の対策に当てられる時間も多い為強い意志さえあればむしろ入試に有利なくらいだと言われています。


【通信制から有名大学へ】

また実際に通信制高校から東京大学や早稲田大学、慶応大学などの有名大学に進学したという話は決して少なくありません。インターネットなどで少し調べればすぐにこういった人の体験談や実録を見つける事ができるのでもし通信制から有名大学を目指そうという方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.